冬の海外旅行こそ寒い国へ行ってみよう!おすすめな理由とは?【あったかグッズも紹介】

冬の海外旅行こそ寒い国がおすすめな理由とは?

冬に海外旅行に行くとしたらどこを選びますか?

冬は日本が寒い事もあり、一般的に人気があるのは暖かい国ですよね。

旅行会社も暖かい国をおすすめすると思います。

冬の海外旅行のおすすめでよく思い浮かぶのはハワイやグアム、バリといったビーチ。

もしくはタイやベトナム、シンガポールなど東南アジアの国々。

暖かな国へ海外旅行に行けば気楽にのんびり出来ますよね。

とはいえ、一度しかない人生

寒い時期に暖かい国へ行くという選択ばかりでは、何だか勿体なくないですか?

より刺激的で感動的な旅を体験してみたくはありませんか?

地球儀を見てみて下さい。

日本は小さく、世界は広いです。

冬は寒いと言えど、日本の冬よりもっと寒い国は山のようにあります。

この記事では冬の海外旅行の行き先として、日本よりもっともっと寒い国をおすすめしていきます。

冬の海外旅行で寒い国をおすすめするのは、それだけメリットがあるからです。

記事の前半では冬の海外旅行で寒い国がおすすめな理由とおすすめな国について書いていきます。

記事の後半は冬の海外旅行でおすすめな暖かグッズをご紹介します。

それではさっそく紹介していきましょ~!

冬だからこそ寒い国がおすすめな理由3つ

冬に寒い国だからこそ体験出来ることがある

中学の頃に社会で習ったケッペンの気候区分によると、私たちの住む日本は四季に富む温帯に属しています。

夏は暑く、冬になれば雪が降ります。

一方、日本より南に位置する熱帯の国々では年中暑く、季節の変化もなく雪が降ることはありません。

逆に北の国々どうでしょうか。

ロシアやカナダといった冷帯の国では夏は30℃近くになることもありますが、冬は逆に猛烈に寒くなり、マイナス30℃以下になる地域もあります。

冷帯の国ではもみや松、しらかばといった針葉樹の森林がよく見られます。

その針葉樹の広大な森林帯はタイガと呼ばれ、タイガの下には一年中凍ったままの永久凍土があり、寒い国には寒い国の環境や文化が出来上がります。

それゆえ、極寒の季節がない日本や暖かい地域の国では体験出来ないものが、冬の寒い国々では体験出来るからこそおすすめなのです。

せっかくの海外旅行、冬の未知の世界を体感してみたいとは思いませんか?

冬に寒い国だからこそ旅費が安い

人は暑ければ涼しい方が良いと思うし、寒ければ暖かいのがいいなぁ~と思うのが自然です。

だからこそ、冬は海外旅行の行先として暖かい国の人気があります。

しかし逆を言えば、冬の寒い時期に更に寒い国へ海外旅行に行こうという強者は少ないのです。

島国の日本は海外旅行に行くには飛行機か船しかなく、どうしても旅費は高くつきます。

寒い国なら冬は旅費が暖かくて人気のあるシーズンより安く済みますし、観光地が混んでいないといったメリットもあります。

ぜひこのメリットを活用する事をおすすめします。

冬の寒い国を経験すれば考えの幅が広がる

人が物事を判断する時は基本的に”比較”の上で思考します。

何かと何かを比べて考えるわけですよね。

比較する対象を多く持っているという事は、それだけ多角的な視点で物事を考えられるという事です。

せっかく旅をするなら経験値として自分の中に残していきたいものです。

冬に暖かい国へ行く人は多いですが、寒い国へ行く人は少ないです。

つまり、”冬に寒い国へ海外旅行する”という選択をするだけで、他の人が持っていないマイノリティな経験を得ることが出来るのでおすすめです。

暖かい国だけでなく寒い国の冬も経験し、頭の中の世界地図を広げられるはずです。

ぜひ冬の寒い国へ行って、人生の経験値を積み上げてみて下さい。

冬の海外旅行におすすめな寒い国

おすすめ①:ロシア

シベリアと聞けば雪景色に染まった針葉樹林の森を誰もが容易に想像できますよね。

そんなシベリアは遠いように感じますが、実はシベリア鉄道の始発がある街ウラジオストクは日本からたった2時間半の距離にあります。

ウラジオストクの良さは日本から近いにもかかわらず、本格的なロシア文化、食、寒さを体験出来るところにあります。

そしてウラジオストクに行けばお酒はやはりウォッカがおすすめ。

ロシア人は冬の寒さをしのぐためウォッカを飲むと言われます。

そんなウォッカは本場ロシアの冬で飲んでこそ本当の良さが分かるはず!

ぜひ冬のロシアで乾杯したいものです。

また、冬のロシアの大地を走るシベリア鉄道で海外旅行をしてみるのもおつなもの。

シベリア鉄道を使えばウラジオストクからさらに内陸へ、より寒いハバロフスクなども足を延ばせます。

ウラジオストクは冬に海外旅行で訪れるからこそ、日本の寒さでは体験出来ない魅力があるのでおすすめです。

そんな冬のウラジオストクについてはこちらの記事でも紹介していますので、興味があったらぜひ。

冬のウラジオストク観光が半端なく寒くておもしろい!

おすすめ②:カナダ

カナダと言えばオーロラを思い浮かべる人も多いと思います。

そんなオーロラはイエローナイフが名所として有名です。

夏場でもオーロラの鑑賞は可能ですが、夜の長い冬の方が見られる確率は高いです。

わざわざカナダへ海外旅行してまでオーロラを見に行ったのに、オーロラが発生せず見られなかった..という人もよく聞きます。

せっかく遠くカナダまで海外旅行に行くのであれば、夜が長くオーロラを見られる確率が高い冬に行く方がおすすめです。

雪景色に現れるオーロラは神秘的な世界へと様変わりすることでしょう。

また、日本よりも寒さが厳しいカナダは冬のスポーツやアクティビティが盛んです。

冬のベストシーズンは11月から3月で、カナディアン・ロッキーや大西洋沿岸などではスキーやスケート、スノーモービルなど様々なアクテビティを楽しむ事が出来ます。

また、カナダの首都オタワにはギネスブックにも乗っている、世界最長7.8kmの運河を使った天然のスケートリンクがあります。

滑走量が無料なので、スケート靴をレンタルすれば気軽に冬のスポーツを楽しめおすすめです。

美しいオタワの街並みを見ながら滑るスケートはきっと爽快でしょう。

ウィンタースポーツが盛んなカナダは冬だからこその楽しみが多く、冬の海外旅行としておすすめです。

おすすめ③:フィンランド

冬のフィンランドへ海外旅行に行くならサウナは外せません。

首都ヘルシンキで本場のサウナを楽しめます。

高温のサウナ小屋で熱くなった体は氷点下の外気で冷やします。

レベルの高い人は凍った天然水風呂で冷ます人も..!

冬の水温は0~4℃程度、日本の水風呂が一般的に16~18度くらいなので極寒さがよく分かります。

しかしせっかく冬の北欧へ来たなら海外旅行の思い出にぜひチャレンジしてみたいものですね。

サウナの良さが分からないという方はこちらで記事にしているのでおすすめします。

 簡単に出来るストレス解消法として、サウナは何故こんなにも人気があるのか?

また冬のフィンランドはサンタクロースの故郷へ行ってサンタさんに会いに行くのも良いですね。

冬の雪景色に訪れてこそ本物のサンタクロースやクリスマスの雰囲気を感じられることでしょう。

フィンランドも冬だからこその魅力が多くあるので、やはり冬の海外旅行としておすすめです。

冬の海外旅行におすすめ、あったかグッズ

冬の寒い国へ行くなら身に付けられるあったグッズ、ウェアラブルヒーターがおすすめです。

冬の寒さから体を守るには、首元の防寒対策は特に重要です。

ウェアラブルヒーターネックなら、マフラーに内蔵されたヒーターをモバイルバッテリーで発熱させ、首回りをしっかりあたためてくれます。

また、たった4時間の充電で最長20時間も保温ができるので、冬の寒い海外旅行でも安心です。

手洗いできるスパンデックス素材のカバーは肌触りもなめらかで人気があります。

下記のリンクから楽天で安く購入出来るので、ご用意することをおすすめします。

 

 

まとめ

今回の記事では冬の海外旅行で寒い国を選ぶことをおすすめしました。

寒い時期に寒いところへ行くからこそ出会える感動や面白さがあります。

皆さんの旅が素敵なものになることを願っています。

それでは良い旅を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログでは世界各地にいる友人からの情報も含め、旅・旅行のテーマを中心に記事にしていきます。自己啓発系の旅サイトとして、『旅をクリエイトする、旅からクリエイトする』をテーマに記事をアップします。 日々働きながら人生を楽しみ、感じたことを綴っていきます。 ・サラリーマン7年目アラサー人間 ・バックパッカー経験者 ・営業職経験4年 ・企画職経験3年