【自己投資】本が人生を変える!読書が圧倒的に良い理由とは?【おすすめの読書術本も紹介】

自己投資に読書が圧倒的におすすめな理由とは?

読書はなぜ自己投資にお勧めなのか。

10年前の私は自己投資をがんばって成長したいと思いつつ、どうして良いのか分からず時間だけが過ぎ去っていました。

10年後の今思うのは、自己投資として読書をすれば成長に繋がるのは間違いないという事です。

この記事では、読書など全くしていなかった10年前の自分に向けて書いていきます。

日本人の読書量ってどのくらい?

あなたは毎月どのくらい本を読むでしょうか。

日本人の読書量は平均月1~2冊と言われておりますが、文化庁が行った「国語に関する世論調査」(2013年度)では次のような結果が得られています。

1ヵ月に読む本の冊数について

「読まない」→  47.5%

「1,2冊」→  34.5%

「3, 4冊」→ 10.9%

「5,6冊」→  3.4%

「7冊以上」→  3.6%

なんと、全体の半数近くは本を1冊も読まないという結果でした。

この結果から言えることは、読書量において月にたった4冊本を読むだけで日本人の上位20%、7冊読めば上位4%に入れるという事です。

Youtubeなど動画サービスが発展した現在では、もしかしたらもっと上位につけているかもしれません。

つまり読書の冊数をほんの少し増やすだけで、インプット量において周りと圧倒的に差をつけることが出来るのです。

とはいえ、本以外にも自己投資する方法は沢山あります。

そこで、自己投資として読書がおすすめな理由について説明していきます。

自己投資に読書が圧倒的におすすめな理由3つ

  • 本は圧倒的にコスパが良い 
  • 本は圧倒的に情報の精度が高い
  • 読書は圧倒的に時間削減が出来る

本は圧倒的にコスパが良い

何か自己投資をしたいと思う時、あなたはどうしますか。

学校に行ったり、セミナーに参加したり、ネットで調べたり、自己投資の方法はいろいろありますよね。

僕はコスパの良さからいって、まず本で自己投資する事をおすすめします。

世の中には大量の本が出回っています。

本屋に行けばいくらでも売っていますし、amazonで本を買うことも出来ます。

そしてその中には有名な起業家や偉人、専門家や研究者といった人たちが時間を割いて書いてくれた本も沢山あります。

そのような良本を私達は1冊たった1,500円程度で手に入れる事が出来るのです。

これは本当にお得ですよ。

もしこれらの本にある情報を学校や人を通して学ぼうとしたら、自己投資として凄いお金がかかるはずです。

しかし、その情報がたった1,500円程度の本で手に入るなら本当に安いですよね。

本は自己投資の費用対効果が良すぎです。

もし興味のある本があったら即買いですね。

本は圧倒的に情報の精度が高い

例えばネットの情報は誰でも上げられることから、基本的に編集や校閲といった作業がない記事も多いです。

ネットは情報配信のスピードという強みがある一方で、その匿名性ゆえに精度は高いものから低いものまで千差万別です。

そこで、読者は情報の真偽を判断しながら、価値あるものを見つけていく必要があります。

一方、本には編集や校閲といった作業が必ずあります。

本の出版までには多くの人の目を通っています。

また、簡単に削除が出来るネットとは異なり、本は一度出版されたらその存在を無くすことは困難です

そのため、本は情報の精度や内容が高められた状態で出版されています。

ネット情報が良くないという事ではありませんが、自己投資をしようと思う時、本は価値のある情報にあたる確率が高いと感じます。

読書は圧倒的に時間削減が出来る

自己投資をしようと思うとき、本を読めば大幅に時間短縮することが可能です。

大抵の事は過去に経験してきた人がいて、それらの事を本にまとめてくれた人たちがいます。

つまり、その人たちが何年もかけて積み上げてきた経験や知識を、読書を通してたった数時間で知ることが出来るという事です。

全てを自分の経験から学ぼうとしたら、0から経験を積んでいかなければならないので凄く時間がかかります。

一方、読書で自己投資すればスタートラインに立つ位置を圧倒的に先へ持っていくことが出来るのです。

例えば私はブログを始めるとき、ブログに関する本を何冊も読書しています。

もし読書せず自力で試行錯誤していたら、まだ1つも記事を書けていなかったのではないかと思います。

やはり自己投資に読書は偉大ですね。

自己投資の読書をする時間なんて無い?

たまに自己投資に読書をする時間なんて無いと言う人がいますが、その場合は読書の優先度を上げる事です。

私は読書の時間を作るため、テレビを見るのと自炊をやめました。

とはいえ、見ておきたい番組も少しあるので、今はアナザースカイと情熱大陸だけ録画して、時間のある時に興味のある回のみ見るといった感じです。

あとは基本的にテレビを見ないし自炊もしないので自己投資の読書をする時間にあてています。

飯はほとんどスーパーの弁当か外食ですね。

セブンイレブンの宅配サービスを活用するのも良いと思います。

1日分から注文OK!セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール

3,000円以上の注文ならお届も無料になります。

これで料理を作る時間も洗い物の時間もカットして自己投資に充てられます。

他にも電車やバスの移動時間を読書にあてたり、入浴しながら読書したり、自己投資の時間は作ろうと思えば割と作れますよ。

時間を作る方法についてはこちらの記事でまとめましたのでぜひ↓

忙しくても一日3時間を作り出す8つの方法

【自己投資】読書術のおすすめ本

これまでに自己投資として読書術関連の本は10冊以上読んできましたが、その中でもおすすめの1冊をご紹介します。

精神科医で作家の樺沢紫苑さんが書いた『 読んだら忘れない読書術 』です。

私が自己投資のために読書習慣を作るきっかけになった本です。

この本は読書をした方が良い理由や、読書した内容を効率よく身に付けるための方法が分かりやすく書かれています。

この本を読んだおかげで僕は読書量を増やすようになり、沢山の良本にも出会えました。

そういう意味でも価値のある1冊だと思っています。

 

自己投資で読書をしたいと思っている方におすすめなので、ぜひこの本を読んでみてください。

本を買うのがめんどうなら電子書籍がおすすめ

自己投資のために読書をしようと思っても、本を買いに行ったり持ち歩くのはめんどうだな..という方には電子書籍がおすすめです。

かといって電子書籍リーダーを買うのはお金が余計にかかるし、持ち物も結局増えてしまいますよね。

そこでおすすめなサービスがhonto電子書籍ストアです。

(下記リンクからhonto電子書籍ストアのサイトへ飛べます)

honto電子書籍ストアでしたら文芸、ビジネス書、コミック、雑誌など本の品ぞろえが充実しているのはもちろん、スマホアプリやブラウザ上で購入した本を読書することが出来ます。

わざわざ本を買いに出かけたり新たに機器を持ち歩く必要もなく、お手持ちのWindows、Mac、iOS、Androidでお読みいただけます。

1度購入した本はいつでもどこでも読むことが出来るほか、 全国の丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店で使えるポイントも貯まります!

まずはぜひ一冊試しに本を電子書籍で読んでみてください。

ということで、今回は自己投資としての読書について、おすすめ本・電子書籍の紹介とあわせて書いてみました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログでは世界各地にいる友人からの情報も含め、旅・旅行のテーマを中心に記事にしていきます。自己啓発系の旅サイトとして、『旅をクリエイトする、旅からクリエイトする』をテーマに記事をアップします。 日々働きながら人生を楽しみ、感じたことを綴っていきます。 ・サラリーマン7年目アラサー人間 ・バックパッカー経験者 ・営業職経験4年 ・企画職経験3年